海外ドラマの2~3話はすぐ見てしまうのに映画1本見るのはちょっと億劫に感じてしまう

こんにちは!今日は私が最近感じていることを書きます。ひょっとしたら同じように感じている人がいらっしゃるかも知れません。

封筒の中にはDVD

まずはこれを見て下さい。

私が会員になっているネットレンタルDVDサービスのTSUTAYA DISCASからの封筒です。中には映画のDVDが2枚入っています。

ネットレンタルDVDの仕組み

御存知の方も多いと思いますがネットレンタルDVDの仕組みについて説明します。

  • 毎月の上限レンタル枚数によってプラン(例えば、月8枚までレンタルで2,000円、月4枚までレンタルで1,000円など)を選択して会員登録します。
  • 会員はネット上で見たいDVD/ブルーレイ作品を選び、リストに追加していきます。
  • リストの先頭から2枚のDVD/ブルーレイが自宅に送られてきます。
  • 見終わったらポストに投函して返却します。
  • 返却が確認されたらリスト上の次の2枚が自宅に送られてきます。そうして、加入プランによる月毎の上限枚数に達するまで2枚ずつ「自宅に届く→視聴する→返却する」のステップを繰り返します。※上限に達してからは、「翌月までは送られてこないようにする」か「引き続き送られてくるようにする(ただし追加料金発生)」かを選択することができます。

送られてきたDVD/ブルーレイは返却期限が無いので、延滞料金無しでいつまでも借りっぱなしにできます。ただし、その場合はリスト上の次の2枚がいつまで経っても送られてくることなく、月々の定額料金を払い続けることになります。うまいビジネスモデルですよね!

まだ見てなくて返却しないまま1か月経過

さて先ほどの画像にあったDVDですが、実は1枚は見終わったもののもう1枚はまだ見ておらず郵送されてきてから1か月が経過してしまいました。。。

私がTSUTAYA DISCASに加入したのはもう何年も前のことです。その後、動画配信のHuluやNetflixにも加入し、海外ドラマは主に動画配信で見るようになりました。最近TSUTAYA DISCASでレンタルするのは新作映画が多くなっています。今回1か月借りたままのDVD2枚も映画で、どちらも2時間ぐらいの作品です。なかなか見る気が起きなくて、そのままになっています。

 

海外ドラマと映画ではなぜか気構えが違うような感覚

食事しながらとか風呂上がりとか

私は食事しながらとか風呂上がりのくつろぐ時間に海外ドラマを見ることが多いです。大抵の海外ドラマは1話40分~55分程度です。さくっと1話だけ見て終わりにすることもあれば、どうしても続きが気になったりする場合は2話、3話と続けて見てしまうこともあります。

この後確実に2時間ほど拘束されると思うと気乗りしない

映画の場合、通常は2時間程度、短い作品でも90分ほど、長い作品だと3時間近いものもありますよね。ネットレンタルで送られてくるDVD/ブルーレイはラベルに作品時間が書かれていますので、2時間の映画だと「見終わるまでは確実に2時間拘束される」という思いが頭をよぎり、特に忙しい時期はなんとなく億劫に感じてしまって見るタイミングを逃すことが多いです。

海外ドラマなら気軽に1話、気分次第で2話以上も!

その点、海外ドラマなら1時間以内にいったん区切りをつけられるので映画ほど身構える必要がなく気軽です。もちろん続けて2話以上見て結果的には映画1本を見るより長時間テレビの前にいるということもありますが、見るモチベーションが違う気がするんです。仕事でも、ずっと先にゴール1つだけを設定するより期間を短く区切って複数のチェックポイントを設定する方がうまくいくのと同じような感じでしょうか(?)。

ともかく、その精神的負担というか気構えの違いがあるために、私は今日も借りたままの映画のDVDが脇に置いてあるにも関わらず動画配信で海外ドラマを見てしまっています。

この気持ち、共感できるという人はいらっしゃいますかねー??

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。