海外ドラマ『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』を見始めました

普段あまり見ないジャンルの海外ドラマを試しに見てみようと思い、NETFLIXで『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』を見始めました。同じ女子刑務所ものでHuluの『ウェントワース女子刑務所』も気にはなっていたものの、『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』はNETFLIXオリジナルドラマとして『ハウスオブカード』をも上回るほどの話題作だという情報につられてこちらを選びました。

作品概要

基本情報

原作は「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック 女性刑務所での日々」(Orange Is the New Black: My Year in a Women’s Prison)というノンフィクション本で、著者パイパー・カーマンの実体験が基になっています。「~イズ・ニュー・ブラック」を訳すと「~は新しい流行りの色」となるようで、作品タイトルは「オレンジが次の流行色、ファッションの新定番よ」というような意味になるようです。お察しの通りオレンジは囚人服の色ですね。

NETFLIXオリジナルドラマとして現在はシーズン4まで配信されており、アメリカではすでに5~7シーズンの製作が発表されていて(やはりすごい人気ですね)、2017年6月からシーズン5の配信が開始されるようです。

現在日本ではNETFLIXでシーズン1~4、Amazonビデオ(有料)でシーズン1~3の視聴が可能です。

あらすじ

主人公のパイパー・チャップマンは、ニューヨークの裕福な家庭で育ち、恋人のラリーとの結婚も予定していました。そんなある日パイパーは、10年前に当時付き合っていた同性の恋人アレックスのために若気の至りで運び屋をしてしまったことが原因で、突然15か月の有罪判決を受けて女性刑務所に収監されてしまいます。

お嬢様育ちでそれまで何不自由なく育ったパイパーにとって女性刑務所の環境はひどいものでした。様々なバックグラウンドを持つ周りの受刑者達。さらに刑務所には元恋人のアレックスも収監されていました。こうしてパイパーは個性豊かな女囚人に囲まれて刑務所でのヘビーな日々を過ごしていくことになります・・・


シーズン1の5話まで見ました

試しに1、2話見てつまらなかったらそこでやめようと思って見始め、どハマりという状態ではないものの、すでにシーズン1の5話まで見終わりました。なんとなくじわじわ中毒になりそうな予感もあり、しばらくは見続けるつもりです。

主人公パイパー・チャップマンの魅力

主人公のパイパーは、華奢でエマ・ワトソンのような雰囲気もあり、いかにも何不自由なく育ってきたお嬢様という感じが出ています。収監早々に他の囚人から嫌がらせを受けて何とか跳ね返そうという場面など、「頑張れ!」と応援したくなるようなキャラクターです。一方で100%善人かというとそういう訳でもなさそうで、しれっと嘘をついたりするところも逆にチャーミングで魅力的です。演じているのはテイラー・シリングという女優さんで、本作品が出世作のようです。

今後の展開は?

各エピソードでは時おりパイパーやアレックス、他の囚人達の収監前の回想シーンが挟みこまれ、登場人物の過去や収監に至った経緯が徐々に描かれていきそうです。

とはいえ設定としては「何不自由なく育ってきた女性が突然15か月の刑務所生活を送ることになった」というシンプルなもので、ストーリー全体に横たわる隠された陰謀や大きな謎(例えば「実は囚人達は全て闇組織の大いなる目的を達成するために集められた」とか「実はパイパーは異星人の血を引いていて隠された能力を持っている」とか笑)は無さそうです。

そのため、5話しか見ていない現時点では今後の展開は全く予想できません。

  1. 前向きなパイパーの態度と行動によって、周りの皆がパイパーのことを認めて信頼していく刑務所版「プラダを着た悪魔」的な展開?
  2. 刑務所生活の中で徐々にパイパーが悪に染まっていく「ブレイキングバッド」的な展開?
  3. 色々ドタバタしながらも日常をひたすら描いていく「30ROCK」的な展開?

どんな展開になっても基本コメディなので気が向いた時に気軽に見ていけそうです。この先も見続けて区切りのいいところまで見たらまた投稿します!

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。