海外ドラマ 最後まで見た作品紹介:オタクなスパイが大活躍『CHUCK/チャック』

お疲れさまです!今日は私が最後(=ファイナルシーズンの最終話)まで見た海外ドラマ作品の一つ、『CHUCK/チャック』を紹介します。

作品概要

基本情報

アメリカNBCで2007年から2012年にかけて放送されたスパイアクションドラマで、シーズン5で完結しています。「ターミネーター4」の監督であるマックGと海外ドラマ「TheOC」や「ゴシップガール」のクリエイターであるジョシュ・シュワルツが製作総指揮を務めています。スパイものということでアクションシーンには定評があり、シーズン1とシーズン2でエミー賞スタントコーディネイト部門を2年連続受賞しました。

以前はスーパードラマTVでの放送やHuluでの配信がありましたが、現在はDVD/ブルーレイでのみ視聴可能です。しかし!なんとDlifeで2017年5月2日からシーズン1の放送が始まります!!

あらすじ

主人公のチャックは、家電量販店「バイモア(Buy More)」の店員として時給11ドルで働くオタク青年です。かつては全米屈指の大学であるスタンフォード大学の学生でしたが、カンニング疑惑をかけられて退学にされてしまいました。

ある夜、学生時代のチャックにカンニング疑惑を仕掛けた当時のルームメイト、ブライスから一通のメールが送られてきます。ブライスはCIAのエージェントになっており、何かの情報を盗み出して逃走中にそのメールをチャックに送り、直後に絶命してしまいます。

チャックが怪しみながらも送られてきたメールの添付ファイルを開くと、膨大な量の画像データが次々に表示されました。データは何時間も流れ続け、最後にチャックは気を失ってしまいます。

その日以来チャックは、時々ふとしたきっかけで全く記憶の無い画像が頭に思い浮かんでくるようになります。ブライスからのメールに添付されていた画像が全てチャックの脳にダウンロードされてしまったのです。

時を同じくしてチャックの目の前にサラという美女が現れます。チャックはサラに一目惚れしてしまいますが、サラの正体はCIAのエージェントで、チャックの脳にダウンロードされたデータを追ってきたのです。

そしてもう一人、チャックの脳にダウンロードされたデータを追ってきた人物がいました。NSA(国家安全保障局)のエージェントであるケイシーです。ケイシーはデータを盗んで逃走中のブライスを追い詰めた人物でもあったのです。

CIAとNSA両方から追われることになったチャック。チャックが逃げようとした時、またもやチャックの頭に画像データが浮かび、そのデータのおかげで爆弾テロを未然に防ぐことができました。実はチャックの脳にダウンロードされたデータは、CIAやNSAが持つ全ての国家機密情報を集めた最新技術である「インターセクト」のデータだったのです!!

ブライスからのメールを受信したパソコンはサラが破壊してしまい、もはや国家機密はチャックの脳内にしか存在しない状態です。こうして歩く国家機密と化したチャックは、時給11ドルの店員を続けてサラとケイシーによる監視・保護を受けながら、国家機密に関わる重大な捜査に協力していくことになります・・・

評価

中二病のオタク男子が見るドラマ!?でもいいんです!

本作品は主人公のチャックがコンピューターとかゲームをこよなく愛するオタクという設定であり、さらにストーリーもどちらかというと王道というか分かりやすい展開が多いため、某掲示板では「中二病のオタク男子向け」みたいな書き方をされることもあるようです(笑)。しかし侮るなかれ、スパイものには必須の「周りにスパイであることがバレちゃいけないのにバレそうになる」シーンやアクションシーンはもちろんのこと、予想外の展開やチャックやサラの生い立ちから家族愛などの描写も随所に散りばめられ、非常にクオリティの高い作品で完結まで飽きることなく安心して楽しめます。

個人的に最も好きなエピソードは、Oasisの”Don’t Look Back in Anger“をBGMにチャックの学生時代の回想シーンが流れるシーズン1・第7話「チャック VS スタンフォード大」です。ちょっと感動します。

愛すべき脇役、ジェフスター

チャック、サラ、ケイシーの主役陣はもちろん、チャックをとりまく脇役陣も魅力的です。脇役一番手はチャックの親友であり同僚でもあるモーガンなのですが、

チャックの脳に国家機密がダウンロードされていることを知らない設定のため仕方ないとはいえ、とにかくチャックの足を引っ張ったり邪魔ばかりしています。ちょっとやり過ぎでやきもきしてウザく感じてしまう時もあります(^^;

私が最も好きでぜひ紹介しておきたい脇役はジェフレスター、二人合わせてジェフスターです(作品内では二人でジェフスターというバンドを組んでいます)。

この二人、とにかくお調子者かつ非常識かつ不謹慎です(笑)。いつも本筋のストーリーとは関係のないところで悪ふざけばかりして騒動を巻き起こし、笑わせてくれます。当然ながら「知らず知らずのうちに国家の重大な危機を救っていた」という展開もあり、本当に愛すべきキャラクターです。

こんな人にはおススメです

  • アクションシーンが多いスパイものが好き
  • 勧善懲悪でお約束のストーリー展開が好き
  • 4~5シーズンぐらいで完結する作品がいい
  • アメトーーク!の「中学の時イケてない芸人」に共感できる
  • 過激な描写が多い作品は苦手

上記に当てはまるような人なら、この作品はおススメです。まずはDVD/ブルーレイかDlifeでシーズン1の第1話をチェックしましょう!

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。