本日のワイン:イタリアの奇才が造る激旨セカンド!「レ・クーポレ・ディ・トリノーロ 2013」

今日もワインを飲んでまったりくつろぎながら海外ドラマを見ています。本日飲んだワインを紹介します。イタリア、トスカーナ州の「レ・クーポレ・ディ・トリノーロ 2013」です!このワインは初めて飲んだ時からすぐ好きになり、何度かリピートしています。

さて、トスカーナ州といえばイタリアの中でピエモンテ州と並んでワインの銘醸地として知られています。フランスやイタリアではワインに関する法整備が進んでいて、正しく格付けされたワインの名称は基本的に原産地名(地方や村、畑の名前)で表示し、その原産地を名乗るためには原産地ごとに定められたブドウ品種等の条件を満たす必要があります。例えば超有名かつ超高価なフランスのワイン「ロマネ・コンティ」は、実はロマネ・コンティという畑の名前なんですね。で、ロマネ・コンティの畑でとれたピノ・ノワール品種のブドウを100%使用した赤ワインでないと「ロマネ・コンティ」とは名乗れないんです。

トスカーナでも同様に「ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ」とか「キャンティ・クラシコ」といった伝統的に有名なワインは、トスカーナ州内のワイン産地の名前です。これらイタリアの格付けワインは、イタリア固有のブドウ(土着品種)を使うことになっているのがほとんどです。「ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ」はブルネッロ種、「キャンティ・クラシコ」はサンジョヴェーゼ種のブドウを使わなければなりません。しかし、「伝統に囚われず自由に美味しいワインを造りたい!」という人が現れ、トスカーナの地でいわゆる国際品種=フランスはじめ世界中で栽培されているブドウ品種(カベルネ・ソーヴィニヨンやメルロー)を使ったワインを造り始めたんです。そういったワインはワイン法の決まりに従っていないため格付けが下位のワインとして販売されましたが、非常に美味しかったため瞬く間に大人気となりました。結果、格付け上位のワインより格付け下位の方が高値で売られるという現象が発生してしまいました。いつしか、トスカーナの格付け下位なのに高値で売られるワインはスーパータスカン(スーパートスカーナ)と呼ばれるようになりました。

前置きが非常に長くなってしまいました。。。今回のワイン「レ・クーポレ・ディ・トリノーロ」も、値段は4000円弱とそれほど高価ではないもののスーパータスカンの系統です。このワインの生産者であるアンドレア・フランケッティさんは独学でワイン造りを学び、非常にこだわりが強い完璧主義者であることから鬼才とも称される人です。彼がトスカーナの無名の地で産み出したワイン「テヌータ・ディ・トリノーロ」は、ワイン専門誌から軒並み高評価を受け、まさにスーパータスカンという存在になりました。今回の「レ・クーポレ・ディ・トリノーロ」は、その「テヌータ・ディ・トリノーロ」のセカンドワイン(同じように造っているものの本来の品質基準に到達しないワインを別の名前で廉価版的にしたワイン)です。セカンドワインの位置付けではあるものの、このワイン自体も非常に高評価を受けています。ブドウ品種はカベルネ・フランが64%、メルロー24%、カベルネ・ソーヴィニヨン8%、プティ・ベルド6%です。

色合いは濃く、香りは、よく熟して南国を思わせるような黒系ベリーにバニラ、ミントなどが混ざり合っています。飲むとなめらかな舌触りで口いっぱいに濃厚さと甘みが広がり、酸味は控えめでタンニンはきめ細かく、凝縮した果実味という表現がふさわしく余韻が長く残ります。もちろんイタリア料理との相性も抜群です。あー美味しかった。

海外ドラマと同様にワインも大好きなので、ついつい書き過ぎちゃいますね。まだまだ美味しいワインと面白い海外ドラマを探求し続けます(笑)。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。