海外ドラマ『The OA シーズン1』感想 賛否両論の衝撃作!

お疲れさまです。ばるぞうです。今回は、最近一気見した海外ドラマ『The OA シーズン1』の感想を投稿します。この作品は、ラストで本当にネット上でも賛否両論の衝撃の展開があります。とにかく先入観無しで見て欲しい作品です。

基本情報

作品概要

Netflixオリジナルドラマとして2016年12月に公開されました。ミステリー、SF、スピリチュアルが混在する独特の世界観や、数々の謎とラストで待ち受ける衝撃の展開が賛否両論を巻き起こして話題となりました。本作品の主演女優ブリット・マーリングは、本作で製作総指揮も務め、あのゴールドマン・サックスで働いたこともあるという経歴も含めた才女っぷりが注目されています。

シーズン1は全8話。エピソード毎の時間がかなりバラバラ(第1話は71分でその他も60分超えが多いものの、なぜか第6話は31分、第7話は41分)ですが、さくっと一気見できます。すでにシーズン2の製作が決定しているようです。現在はNetflixでシーズン1が視聴できます。

あらすじ

ある日、一人の女性が橋から飛び降りて病院に運び込まれました。ほどなくして女性の身元が判明し、その女性は、7年前に失踪して行方不明となっていたプレーリー・ジョンソンという女性ということが分かります。

(出典元:The OA | Netflix)

身元が判明してすぐに、養子として育ったプレーリーの養父エーベルと養母ナンシーが病院を訪れます。

(出典元:The OA – IMDb)

(出典元:The OA – IMDb)

一人娘との7年ぶりの対面を喜ぶ二人でしたが、7年の間にプレーリーには変化が起こっていました。まず病院のスタッフから、プレーリーの背中に無数の奇怪な傷があると知らされます。そして、失踪した7年前まで盲目だったはずのプレーリーは、目が見えるようになっていたのです。

プレイリーの身に起こった奇跡はすぐさま話題となりました。小さな田舎街では多くの住民や報道陣が彼女が家に戻ってくるところを取り囲み、一躍プレイリーは注目を浴びる存在となってしまいます。

(出典元:The OA – IMDb)

プレイリーが家に戻り7年ぶりの生活を始めてすぐに、エーベルとナンシーはプレーリーの奇妙な言動に戸惑いだします。プレーリーは自分の名前は”OA”であると言い、そして”ホーマー”という男性を探して会わなければならないと言い出すのです。しかし一方でプレーリーは、養父母の二人にもFBI捜査官にも決して失踪していた7年間の出来事を話そうとはしませんでした。不安になったエーベルとナンシーは、プレーリーにインターネットの使用や勝手な外出を禁じるようになります。

ある日、家を抜け出したプレーリーは、空き家でスティーヴという不良少年と出会います。プレーリーは、母親のふりをしてスティーヴの担任教師ベティに面会することで矯正施設に送られそうになっていたスティーヴを助けます。その見返りとして、プレーリーは、協力者を5人集めて欲しいとスティーヴに話します。

(出典元:The OA – IMDb)

その夜、空き家でプレーリーはスティーヴが5人集めて来るのを待っていました。スティーヴは、友人のジェス、トランスジェンダーのバック、優等生のアルフォンソを連れてきます。しかし、これだとプレーリーを除いてまだ4人。条件があるため5人でなければダメだとプレーリーがうなだれていたところに、スティーヴの担任ベティが現れました。5人が揃い、暗い空き家の2階でロウソクを灯して、プレーリーは自らの生い立ち、そして失踪していた7年間のことを5人に語りだしました。

(出典元:The OA – IMDb)

プレーリーが名乗る”OA”という名の由来は何なのか、”ホーマー”という男性は誰なのか、プレーリーが視力を取り戻したのはなぜなのか、プレーリーの背中の傷は?そしてプレーリーが5人を集めた理由は・・・?

感想

謎だらけの設定と世界観

まずはプレーリーに関する謎について。7年でなぜか視力を取り戻していたり、自分のことをOAと名乗ったり、急にホーマーという男性のことを探し出したり・・・とにかくこの謎だらけの設定が気になって、一気に引き込まれます。

そして、プレーリーが自分の生い立ちや7年間のことを語り出しますが、スピリチュアルな要素を含んでいる独特の世界観で、どこまでが真実なのか分からなくなってきます。失踪していた7年間のことが語られていくに連れて徐々に謎が明らかになっていき、中盤以降はプレーリーに感情移入していくようになって一気見状態になりました。

最終場面の賛否両論、そしてシーズン2へ…

冒頭でも記載した通り、先入観無しでこの作品を見て欲しいので詳細は記載しませんが、最終話ではそれまでの前提が覆るような衝撃の展開が待っています。そして、ラストでは「本当に感動した」と言う感想の人もいれば「滑稽だった」と真逆の感想を持つ人もいて、賛否両論の評価となったシーンが登場します。私はどちらかというと後者でしょうか。。。滑稽とは言わないまでも、正直訳が分からず戸惑って呆然と見たというのが正直な感想です。

その後、振り返って色々と考えてみましたが、結局あの衝撃の展開が何を意味していたのかはまだ自分の中で結論が出ていません。これで完結なら観る側に判断を委ねる作品ということにもなりますが、シーズン2の製作が決定しているので、そこで依然として残る謎が明らかにされると信じています。シーズン2の公開時期、早く決まって欲しいなぁ…それまでモヤモヤが続いてしまう。

Netflix加入している人はとにかく見て欲しい

少しだけ作品の世界観が似ているため本作品は同じNetflixの『ストレンジャー・シングス』と比較されることも多いようです。『ストレンジャー・シングス』も楽しめた作品ですが、私は断然本作品『The OA』の方が良かったです。シーズン1最後の展開は、人によって良いか悪いか好みは分かれるはずですが、衝撃を受けることは間違い無いです。全8話合計で8時間足らず。Netflix加入している人にはとにかく見てもらいたいです!!

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。