海外ドラマ『ウォーキング・デッド シーズン8 第3話』感想(ネタバレあり)

お疲れさまです。『ウォーキング・デッド シーズン8』の第3話の感想です。今回も相変わらず淡々とした展開でした。前回別々に行動していた4グループがちょっとずつ絡み出したのが唯一の進展と言えば進展でしょうか。

前回第2話についてはこちらを。

海外ドラマ『ウォーキング・デッド シーズン8 第2話』感想(ネタバレあり)

2017.11.03
以下、シーズン1~7およびシーズン8 第3話までのネタバレを含みますのでご注意下さい。内容をまだ知りたくない人は、見終わってから再び訪れて頂けますようお願いします!

第3話あらすじ(ネタバレあり)

前進するエゼキエルとキャロルたち

敵の無線で追手がやってくるのを聞いたエゼキエル。戦いに備え、戦略があると自信を見せます。キャロルもそれを聞いて微笑みます。彼らは投降のふりをして待ち伏せ、敵に一斉射撃を行います。アジトを襲い、また待ち伏せして襲撃を行いながらさらに進んでいきます。

意見の衝突

ジーザス、モーガン、タラたちは、捕らえた救世主側メンバーを縄で縛って引き連れ、ヒルトップに向かって移動していました。そこにウォーカーの群れが現れます。捕らえられ縛られていた者達がこの隙をついて森の中に逃げ出したので、モーガンがそれを追いかけます。モーガンが追いついて男達を撃とうとしますが、ジーザスが止めに入ります。「こいつらは改心しない」と言うモーガンと「マギーが道を見つける」というジーザス。二人は対立し、闘い始めます。

ジーザスはモーガンの棒を奪いとり、勝利します。モーガンは「俺は正しくない。しかし間違っていない」と言い、去って行くのでした。

逃げてきたグレゴリーがヒルトップに到着し、門の前で「開けてくれ」と呼びかけます。門が少しだけ開いてマギーが姿を見せます。マギーに非難されたグレゴリーは、「ニーガンに脅されて仕方なかった」「外交しようとしていた」と言い訳します。門を開けてくれと懇願するグレゴリーを、マギーは渋々ヒルトップの中に入れます。その直後、ジーザス達がヒルトップに戻ってきます。捕らえて連れてきた救世主側の者達を見て、マギーはヒルトップの中に入れられないと言います。しかし、ジーザスは彼らは投降したと言ってヒルトップの中に一時的でも入れようと主張します。

リックとダリル、アーロンとエリック

リックはモラレスに銃を突きつけられていました。モラレスはリックに「あんたは変わった」と言い、リックが賞金首になっていると話します。リックはローリ、グレンなど今までに失った人々のことを語ります。リックに銃を向け続けるモラレスですが、突然背後から撃たれて倒れます。ダリルがボウガンでモラレスを撃ったのでした。直後に銃声が聞こえ、ニーガンの仲間が近づいてきているのが分かります。

リックとダリルは、ニーガンの仲間と銃撃戦になりました。ダリルが弾切れになったので、リックは消火器を撃ち煙幕を張ってダリルと共に逃げ出します。追い詰められたリックとダリルでしたが、援軍がやってきて敵を倒します。やってきたのはアーロン達でした。アーロン達と合流し、リックとダリルは建物を制圧します。リックは写真を撮り、紙に何かを書き込みます。

アーロンが負傷していたエリックのもとに戻ると、エリックがいません。エリックは息絶え、ウォーカーとなって森に向かって歩き出していました。アーロンは泣きながらその姿を見送ります。父親がリックに倒されたため一人残されてしまったグレイシーという名の赤ん坊を、リックはアーロンに預けます。

銃撃

敵を制圧し、1人も犠牲が出ていないと報告を受けたエゼキエルは、誇らしげな表情を浮かべます。そして、建物に目をやったエゼキエルは何かに気付いて「身を隠せ!」と叫びます。待ち伏せていた敵が一斉に銃撃を開始します。エゼキエルの仲間たちは「王を守れ」と叫び、次々と倒れていくのでした。。。


感想

引き続き戦闘中

前回第2話に引き続き、今回もざっくり言うと「リック達がグループに分かれて戦闘中。以上」という感じです。かつてユージーンが銃弾を苦労して作ったりして、この世からどんどん銃弾が減少中のはずですが、そんな状況を感じさせない激しい銃撃戦が繰り広げられていますね笑。救世主側の全体像がよく掴めていないので、アジトの制圧を続けているニック達がどれぐらい押し込んでいるかはまだはっきりしません。

2話にまたがって引っ張る意味ある!?

前回、シーズン1以来の再登場を果たしたモラレス。今後の展開に何らか影響を及ぼすかと思いきや、あっさりダリルに倒されてしまいウォーカー化して終了です。2話にまたがって引っ張る意味があまり感じられませんでした。

また、今回リックがアーロンに赤ん坊を預けるシーンがありましたが、一瞬その赤ん坊が誰だか分かりませんでした。前回、リックが男を倒してその子供と思われる赤ん坊を見つけるくだりがありましたが、その赤ん坊ですね。小ネタなら2話にまたがらせず、1話内で覚えているうちに完結して欲しいところです。。。

ジーザスの意地っ張りぶり

その名の通り、神のような慈悲を見せるジーザス。そこまで意地張って敵を助けなくてもよいと思うのですが。。。結果的に味方内で不協和音を発生させ、モーガンに至っては去っていくことになりました。これが後々悔やまれることになるフラグのような気もしますが、吉と出るか凶と出るか、果たして。

次回はニーガン側の反撃?

今回、ニーガンは登場しませんでした。今回の最終シーンでエゼキエルたちが銃撃を受けたことから、次回はニーガン側の反撃を中心にストーリーが展開しそうです。何か予想だにしない衝撃的なシーンを期待したいですね!

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。