海外ドラマ あのNetflix話題作の続編!『ストレンジャー・シングス シーズン2』感想

今年の10月27日に配信開始され、早く一気見したいと思いながらもなかなか時間がとれず見てなかった『ストレンジャー・シングス』のシーズン2をようやく見終わりました。個人的にシーズン1はそこまで話題になる作品かなーと多少微妙な感想でしたが、シーズン2は人気になるのも納得の出来でシーズン1よりずっと楽しめました!

作品概要

Netflixオリジナルドラマとして作成され、シーズン1が2016年7月に公開されて瞬く間に話題作となりました。シーズン2は2017年10月27日に配信開始で、すでにシーズン3の製作も決まっています。ただ、クリエイターのダファー・ブラザーズによるとシーズン4で完結させるとのこと。現在はシーズン1(全8話)、シーズン2(全9話)がNetflixでのみ視聴可能です。

シーズン1についてはこちらを参照下さい。

海外ドラマ 80年代テイストの話題作!『ストレンジャー・シングス 未知の世界』感想

2017.07.29

シーズン2あらすじ

不思議な力を持つ謎の少女

数人の少年少女が強盗をして逃走し、彼らの乗ったバンをパトカーが追いかけます。トンネルに差し掛かった時、バンの中で1人の少女がまじないのように念じると、追ってきたパトカーの目の前でトンネルが崩れ落ち、パトカーは急停止しました。しかし警官がパトカーから降りてみると、トンネルには何も異常ありません。その間にバンは逃げ去っていました。バンの中の少女の腕には”008″とイレブンと同じように数字が刻まれていました。

仲間の4人と転校生

田舎町ホーキンスでは、ウィルが戻ってきて以前と同じようにマイク、ダスティン、ルーカスとの4人で遊んでいました。ある日4人はゲームセンターで、ダスティンの最高得点記録が”マッドマックス”と名乗るゲーマーによって破られたことを知ります。同じ頃、彼ら4人のクラスに転校生がやってきます。

(出典元:Netflix)

最高得点記録を破ったのは、転校してきたマックスという少女でした。彼らは謎の多いマックスと徐々に関係を深めていきます。

ウィルが見たもの

”裏側の世界”から戻ってきて日常生活に復帰したウィルは、時おり幻覚を見るようになりました。突然目の前の景色ががらっと変わり、”裏側の世界”に自分がいるという幻覚です。その”裏側の世界”では激しい嵐が起こっていてウィル以外に人は誰もいません。そしてウィルは、巨大な影のような生物を目撃します。

(出典元:Netflix)

エルの消息

姿を消した少女エル(イレブン)は、森の奥の小屋でホッパー署長と密かに暮らしていました。エルを守るため、ホッパーはエルとの間にルールを決めて外出させないようにしていました。いつまでもマイクに会いに行けないことで、エルは次第にフラストレーションが溜まってきます。

ホーキンスで発生する異常事態

ホーキンスで異常事態が起こり始めました。ホーキンスの元には、畑のカボチャがなぜか突然全滅しまうという事件の知らせがきました。

ある日ダスティンは、家の前で奇妙なトカゲのような生き物を見つけます。ダスティンは、”ダート”と名付けてこっそり飼い始めます。”ダート”はどんどん成長していきます。

やがてウィルの身にもさらなる異変が起こります。

ウィルが見た”裏側の世界”とホーキンスに発生している異常事態との関係は?

腕に”008”と刻まれた少女は一体誰なのか?

エルは街に戻ってマイク達と再会することが出来るのか?

そして、この異常事態の結末はどうなってしまうのか・・・?

 


感想

話が分かりやすい!

シーズン1では謎に満ちた展開が興味を惹きつける一方で、謎に関して説明不足でストーリーがすんなり頭に入ってこなかった印象がありました。しかし、このシーズン2では、ストーリーの骨格がしっかりしていながらシンプルで、非常に話が分かりやすくて楽しめたという印象です。

ざっくりいうと、ホーキンスで起きる謎の現象として大きく3つの柱でストーリーが展開します。

①ウィルの身に起きた”裏側の世界”の幻覚とそこで見た怪物

②畑のカボチャが全滅した異常事態

③ダスティンが見つけて育てる謎の生物”ダート”

ストーリーが進むにしたがって、それぞれ少しずつ事態が深刻になっていき、少しずつ真相に近づいていきます。そして終盤にかけてエル(イレブン)の力が絡んできて盛り上がっていきます。このペースが絶妙なので、あっという間にラストまで一気見してしまいました。

さらに登場人物も世代によって3つの視点があり、それぞれの世代でシーズン1からの登場人物にシーズン2で加わった登場人物が絡んで話を盛り上げるので、マンネリ感がありません。

①4人の少年&エルに、シーズン2からマックスが加わった少年少女の世代

②ナンシー/ジョナサン/スティーブに、シーズン2からマックスの義兄ビリーが加わったティーンの世代

③ホッパー/ジョイスに、シーズン2からジョイスの恋人ボブが加わった大人の世代

ウィノナ・ライダー演じるジョイスはシーズン2でも我が子ウィルのために暴走気味です(笑)。

 

シーズン2も80年代テイスト満載

80年代の田舎町ホーキンスを舞台にしたこの作品。シーズン1にも増して80年代テイスト満載の仕上がりとなっています。

ハロウィンの仮装では、少年達が1984年公開の映画『ゴーストバスターズ』の衣装を身に着けます。オマージュというか、ど直球ですね!

音楽も、シンディ・ローパーとかポリスによる80年代のヒット曲が流れます。製作者の強いこだわりもあるようです。

転校生マックスがかわいい

シーズン2から加わった登場人物で最注目は転校生のマックス。勝気なおてんば少女で、最初は4人の少年達との関係も微妙ですが徐々に打ち解けてきます。はっきりいってかわいいです。ストーリー上、エルが隠れて生活しているため少年達となかなか絡めないところを、このマックスが補って余りあるほど存在感を発揮しています。

演じているのはセイディー・シンクという女優さん。まだ15歳!今後の活躍が大注目ですね!

そして”裏側の世界”は・・・シーズン3も必見!

すでにシーズン3が決定している本作品。シーズン1でもそうでしたが、このシーズン2でも最終話で一応一件落着となりつつも、最後はまだ続きがあることを暗示させるシーンで終わります。謎めいた一連の出来事の根っこにあるのは”裏側の世界”。薄暗くて恐ろしいこの世界はいったい何なのか?

実はPCだとNetflixの本作品ページに少し仕掛けがしてあります(シーズン1の時から??)。『ストレンジャー・シングス』のページにいくと、右端にオレンジの光が点滅しています。ちょっと分かりにくいですが見えますか?

(出典元:Netflix)

このオレンジの光をクリックすると・・・画面がぐにゃりと上下反転し、裏側の世界に変わってしまいます。PCをお持ちの方はぜひ試してみて下さい。

(出典元:Netflix)

話が少し脇にそれてしまいました。。。とにかく、この”裏側の世界”の謎をめぐってシーズン3も謎と興奮に満ちた作品になりそうです。配信は2019年の見込みなのでしばらく待たなければなりませんが、製作に十分時間を掛けてシーズン2からさらにパワーアップして欲しいですね。必見です!

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。