海外ドラマ『オルタード・カーボン』感想 Netflixの近未来SF超大作!

お疲れさまです。本日は少し前に見終わった作品、Netflixが送る近未来SF超大作ドラマの『オルタード・カーボン』の感想を投稿します。個人的に「近未来SF超大作」と呼ばれる作品は大好物なのですが(HBOの『ウエスト・ワールド』なんかもそうですよね)、本作品もその触れ込み通りで、あっという間に一気見してしまいました。

作品概要

基本情報

『オルタード・カーボン』は、リチャード・モーガンという作家のSF小説が基になっている作品です。Netflixオリジナルドラマとして2018年2月に全10話が公開されました。シーズン2の製作も有力視されているものの正式なアナウンスはまだ無いようです。現在はNetflixでのみ視聴可能です。

あらすじ

今から300年後の世界。人間の意識をデジタル化して転送・保存することが可能になっていました。”スタック”という小さなチップに人間の記憶や意識は格納され、その”スタック”は人間の肉体である”スリーヴ”の延髄に埋め込まれています。”スタック”さえ破壊されなければ、”スリーヴ”を新しいものに取り換えることで半永久的な命が得られることが可能です。逆に、”スタック”を破壊されることは”RD”(Real Death=真の死)を意味します。

お尋ね者のタケシ・コヴァッチは、ガールフレンドと一緒にいるところを急襲されて絶命します。しかし、”スタック”は破壊されていませんでした。250年後、コヴァッチは全く別の肉体(”スリーヴ”)を与えられて目覚めます。

コヴァッチは大富豪の力によって長い刑期の途中で仮釈放されて、その大富豪の所有物となっていました。その大富豪はローレンス・バンクロフトという人物でした。バンクロフトは、自らが被害者となった殺人事件の捜査をコヴァッチに実施させるためにコヴァッチを所有したのです。バンクロフトは自らの意識を”スタック”にだけではなく遠隔地にバックアップしていたため、その事件で”スタック”が破壊されたにもかかわらず生き続けることができました。しかしバックアップの時間差により事件発生時刻の記憶がありません。バンクロフトによると、事件の状況からは彼自身による自殺か彼の妻が犯人かどちらかだというのです。

コヴァッチは特殊な訓練を受けた反乱軍の兵士”エンヴォイ”の生き残りの一人であり、バンクロフトはその能力を見込んで彼に捜査をさせようとしたのです。

警察として捜査を担当していたのは警部補のオルテガでした。彼女は、コヴァッチに強い関心をもっているようでした。

コヴァッチは事件の捜査を決意します。事件の真相は!?そして、コヴァッチの数奇な生い立ちが徐々に明らかになっていきます・・・


感想

近未来感、設定が最高!

まずは何といっても近未来の世界観と設定に引き込まれます。街は薄暗くゴミゴミしていて悪くいえばステレオタイプな近未来の世界なんですが、『ブレードランナー』とか『トータル・リコール』が好きな人にとってはたまらないですね。

そしてこの作品の設定。”スタック”という500円玉大ぐらいの大きさの容器にその人間の意識とか記憶が転送されているんです。”スタック”さえ壊れなければ、肉体(”スリーヴ”)を入れ替えることで見た目は全く別人になってしまいますけど中身はそのままで生き続けられるのです!しかも大金持ちになれば、”スタック”だけではなく遠隔地に意識をバックアップ可能!いいですね~この設定。

第1話~第3話ぐらいは、この世界観と映像に魅了されてあっという間でした。

主人公、かっこよすぎ!

主人公のタケシ・コヴァッチ。第1話の冒頭では東洋系の顔立ちをした男ですが、襲撃されて倒れた後、バンクロフトにより別の肉体を与えられて復活します。その復活後のタケシ・コヴァッチを演じるのが、海外ドラマ『キリング』(デンマークのオリジナル版ではなくアメリカでリメイクされた方です)で主人公の相棒ホールダー刑事を演じていた超イケメン俳優ジョエル・キナマンです。

『キリング』の頃から思っていましたが、とにかく見た目がめちゃくちゃかっこいいです。かっこよすぎです(こんな容姿で生まれたかった・・・)。鍛え上げた肉体美もこれでもかとばかりに見せつけてくれますので、イケメン好きには堪らないでしょう。

ま、本作品の演技という点では、ネット上の情報ではそれほど評価されていないようです。個人的にも『キリング』のホールダー刑事みたいな、ちょい不良で気だるそうな雰囲気の役の方が合っているかな~と感じました。

途中、話が中だるみな感じ・・・徐々に挽回

ストーリーの方は、バンクロフト殺害事件(といっても実際には意識が遠隔バックアップされていたので生きてるけど)の捜査をコヴァッチが進めていくことになりますが、捜査は色々と寄り道をしつつダラダラしています。さらには途中で近未来SF特有の小難しい話(深層心理や精神世界だったり)が挿し込まれてくるので、途中で話についていけなくなりそうでちょっと退屈な感じになってしまいました。

話が再度面白くなりだすのは、タケシ・コヴァッチの過去について語られるようになってから。生き別れになった妹との関係や、”エンヴォイ”という特殊な訓練を受けた反乱軍の兵士(ジェダイのようなもの??)となるべく修業を行う場面などが描かれます。

大富豪の妻が妖艶すぎる

あ、あと個人的に触れておきたいのは、大富豪バンクロフトの妻であるミリアム。夫の金で贅沢三昧しているわけなんですが、とにかくこのブロンド妻が妖艶すぎるんです。

はい、当然イケメンのタケシ・コヴァッチにも色目を使ってきます。しかも秘密の場所に、自分と全く同じ肉体を複数用意した上で意識をコピーしてクローンのような存在をつくっているらしく、「何人もの私から同時に攻められるのを想像してみて」みたいなことを言って誘ってくるんです。

ちなみに演じているのはクリスティン・レーマンという女優さんですが、どこかで見たことあるなぁと思ったら『キリング』に市長候補のアドバイザー役(準主役に近いレベル)で出演していました。すでにジョエル・キナマンと共演していたんですね。

貧富の差について考えさせられる

本作品の世界では、貧富の差による弊害が語られています。すでに述べたように大金持ちなら遠隔地に意識をバックアップしておくことで半永久的な命が手に入ります。また、人間の肉体となる”スリーブ”についてもまともなものはリース用で料金が発生するため、お金が無いと希望通りの肉体を手に入れることができません。例えば交通事故の補償として無償で提供される”スリーブ”は自ら選ぶことができず、交通事故に巻き込まれた幼い娘が中身はそのままで中年の容姿となって戻ってくる、なんてことが起こります。

さらに、雲上の大金持ちが住む世界では、お金にものを言わせた何でもありの倒錯した遊びが日々繰り広げられていて、貧しい者は搾取されて奴隷のように扱われているのです。貧富の差が拡大しつつある現代の状況を鑑みるとこの作品で描かれるような時代が本当に来るかも知れないと感じて恐ろしくなりました。

すでにシーズン2への伏線もあり

さて本作品は全10話で比較的すっきりとした終わり方ですが、ある一つの謎が残っているというか、タケシ・コヴァッチにとってやり残したことがあるので、それがシーズン2への伏線となっています。本作品の設定上、シーズン2では全く別の俳優さんがタケシ・コヴァッチを演じることも可能なので、まだ正式アナウンスはありませんがシーズン2が楽しみですね。

本作品は、

  • 『ブレードランナー』『トータル・リコール』といった近未来SF作品が好き
  • 超大作といえるぐらいの豪華なSF映像美を見たい
  • イケメン俳優大好き
  • 全10話ぐらいでさくっと終わる海外ドラマが見たい

という人にはおススメです。ぜひNetflixでチェックしてみて下さい!!

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。