海外ドラマ『ウォーキング・デッド シーズン9 第4話』感想(ネタバレあり)

お疲れさまです。『ウォーキング・デッド シーズン9』第4話の感想です。どうやら視聴率が右肩下がりという記事まで出てしまっているようで、挽回のために激しい展開を期待したいところですが・・・

前回の投稿はこちらを↓

海外ドラマ『ウォーキング・デッド シーズン9 第3話』感想(ネタバレあり)

2018.10.27
以下、シーズン1~シーズン8、およびシーズン9第4話までのネタバレを含みますのでご注意下さい。内容をまだ知りたくない人は、見終わってから再び訪れて頂けますようお願いします!

 


第4話あらすじ(ネタバレあり)

ミショーンの苦悩

深夜、リックが寝ている横で目覚めるミショーン。外に出て、ウォーカーを引き寄せて次々と斬り倒していきます。

昼間はジュディスの世話をするなど穏やかな日々を過ごし、夜はまた起き出して一人でウォーカーを倒すという繰り返しです。

ある夜、ミショーンが吊るされたウォーカーを見ていると横から別のウォーカーに襲われます。とっさに傍にあったバットを手に取りウォーカーを殴り倒したミショーン。そのバットがニーガンの使っていたルシールを思い出させます。

マギーとダリルの行動

マギーのもとにジーザスが来て、ジョージーの手紙を渡します。マギーは手紙を読もうとはせず、どこかへ行こうとします。

キャロルのもとにリックが現れます。「住民を王国に連れ帰る」と話すキャロルに対し、リックは「俺は正しいだろうか?」と言って、どうすればいいか迷っている様子です。その時ジェリーから、マギーがアレクサンドリアに向かったという情報がもたらされます。リックは緊急無線で「マギーが来たらミショーンに知らせろ」とアレクサンドリアに連絡します。

ダリルが現れてリックに「バイクで連れて行く」と言ったので、ダリルが運転するバイクの後ろにリックが乗ってアレクサンドリアに向かいます。

途中で別方向に向かっていることに気付いたリックは「こっちじゃない。止めろ」と言いますが、ダリルは「分かってるだろ」といい、二人は睨み合います。

やがて二人はお互い殴り掛かり、もつれ合った二人は巨大で深い穴にころげ落ちて出られなくなってしまいます。穴の中でもリックとダリルは口論を続けます。

ミショーンとニーガンの会話

ニーガンが食事をとらなくなったとの知らせを受け、ミショーンがニーガンのもとにやって来ます。

ミショーンはニーガンに「世界を再生してる。何もないあんたはここで朽ち果てる」と言いました。ニーガンは「今の俺を女房に見られなくてよかった」と言って癌で亡くした妻のことを語り、カールのような子が欲しかったと話します。壁や柵の中にいるのではなく外に出た方がよいとニーガンに言われたミショーンは、悩んだような表情を見せます。

その後、ミショーンは再びニーガンのもとにやってきて「あんたの意図は?」と問いかけます。ニーガンは「俺と同じ。全て失うこと、結末を恐れている」と言います。

そしてニーガンは「一つだけ頼みがある。『彼女』に会わせてくれ」と言ってルシールを求めますが、ミショーンは「バットは無い」と答えます。それを聞いたニーガンは壁に頭を打ちつけ始めます。

アンとゲイブリエル

ゲイブリエルが目覚めると、体が縛られていました。

そこにアンが現れ、「あなたは入場料」と言ってウォーカーをゲイブリエルに近づけます。

ゲイブリエルは「君を許す。何をしても」と言いました。それを聞いたアンは堪らずウォーカーを引き離します。そしてゲイブリエルを窒息させて気を失わせます。

ゲイブリエルが意識を取り戻すと、コンテナの中に一人でした。外に出るとアンは見当たりません。ゲイブリエルは、アンが書いたと思われる紙を見つけます。

そこには「速く行くなら一人。遠くへ行くなら一緒に。私は速く。」と書かれていました。

リックの危機

キャロルが王国に戻る支度をしていると、銃を持った救世主達が現れます。「犯人はオーシャンサイドの人間だと分かった」という救世主達は、キャロル達と一触即発状態になります。

隙をついてキャロルが殴り掛かり、激しい戦闘が始まります。

穴の底で騒ぎの音を聞いたリックとダリルは、穴から脱出するために協力し始めます。ウォーカーが次々と穴に落ちてくる中、リックとダリルは何とか穴からの脱出に成功します。

二人はウォーカーを倒しながらキャンプの方へ向かいます。ダリルは「橋へ誘導しろ」と言いますが、リックは「橋は壊さない」と言って、逃げてきた馬に乗ってウォーカーを引きつけようとします。

ウォーカーの大群がやってきました。怯えた馬が言うことを聞かず、リックは馬から振り落とされてしまいます。

落ちた際にコンクリートに身体が打ちつけられて太い針金が刺さってしまったリックは、動けないまま気を失ってしまいます。そこにウォーカーの群れが迫ってきました・・・


感想

ミショーンの心理がよく分からない

昼間は平和な生活を過ごし、夜中にこっそり外に出てウォーカーを斬りまくっているミショーン。

ストーリーの流れ上どうしても必要だったのかも知れませんが、ちょっと夜中に行動するミショーンの心理がよく分かりません。

ストレスが溜まっている?それともウォーカーを斬りまくる快感が忘れられない?

かつて自分の子アンドレを失ったことや心の迷いをうまいことニーガンにも突かれてしまい、いつかブチっと爆発してしまいそうな雰囲気ですね。

復活したニーガンの長尺セリフシーンが面倒くさい

ニーガンが哲学的な感じも含めながら色々と難解なセリフを言う長尺のシーン。シーズン7とか8で散々見せつけられてうんざりしてたんですけど・・・

今回、ミショーンとの対話で久しぶりにニーガン節が復活です。

うん、やっぱり面倒くさい。その色々と含みを持たせたようなセリフ、はっきり言って求めてないです(そう感じるのは私だけ?)。

しかも最後はバットのルシールに会いたいと言い出して、無いと言われたら壁に頭を打ちつけ始め、何がしたいのかよく分かりません。アレクサンドリアに向かってるマギーに早くとどめを刺してもらいたいです。

アンの行方は?

ゲイブリエルを入場料代わりにしようと思ってた(?)ジェイディスことアン。

ゲイブリエルの「君を許す」というセリフに珍しく情が湧いてしまって、結局一人でどこかへ行ってしまいました。

おそらくヘリとか前回無線で話していた男のもとでしょう。もしかして、入場料払えないので追われる身になった?なんてことはないですかね。

このアンのパートに関しては今回もっと大きな展開とか新しい情報を期待していただけに、少しがっかりです。

ついにリックの最期!?

リックとダリルが完全に決裂して穴落ちからの、協力して穴を脱出するまでは少しいい感じだったんですが、今回のラストでリックが絶体絶命状態ですね。

動けない状態のリックに大量のウォーカーが迫っているので、予想される展開としてはダリル(もしくはユージーン?)か誰かが大音量を発生させてウォーカーをおびきよせるような感じでしょうか。さすがにミショーンが斬りまくって助けるのは間に合わないような気がします。

リックはシーズン9での降板が決まっているため次回いきなりジ・エンドになることもあり得るわけですが、さすがに第5話で終了ということはないですよね・・・と思っていたら、なんと公式サイトには「次回:リックの最終エピソード」みたいな文字が!

これは意外な展開です。あの大量のウォーカーだと感動的な最期ではなくて、ぐちゃぐちゃに食べられてしまいそう・・・次回、必見ですね!!

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。